工房 えらむ

木の器と手織の工房

03日

木工三人 展

7月に展示会をさせていただいた、兵庫県西脇市にある国登録有形文化財 旧来住家住宅にて、親しくしていただいている木工家3名による、展示会「木工三人 手考足思〜私は木のなかにいる〜」展が、今日から始まりましたので見てきました。
3名の木工家の方は、私の工房から30〜40分のところに工房を持っておられる、小林秀晴さん、児玉正和さん、石井康彦さん、親しくしていただいている木工家の方。
なかでも小林秀晴さんは、私が木の器を作りはじめた20年数年前、なんとか木の器に関する技法や情報を知りたいと思っていたのですが、木の器を作られている人も知らず、インターネット環境もほとんどないころに、初めて出会った方でした。工房から車で30分ほどのところに工房を持っておられる方で、香川県の木工家 有岡有益 氏のもとで修業され独立して工房を開かれておられるのを知って、何度も訪ねて行きました。将来的に木の器作りを職業にしたいと、自分の作品を見ていただいたりもしました。
3名の木工家の方の作品は、銘木の真髄を極めた旧家の住宅の雰囲気とマッチして、どれもすばらしいものでした。
なかでも児玉正和さんの作られた、乾漆の抹茶茶碗は、乾漆の技法を駆使して表現された独特の味わいがあり、これまで見たことのない奥の深さを感じさせてくれるものでした。
(作品の写真は、作者の了解を得て撮影・公開しております)

会場 国登録有形文化財 旧来住家住宅 兵庫県西脇市西脇394-1  入場無料・駐車場有

会期 2014年12月3日(水)〜12月11日(木)  8日(月)休館日 10:00〜17:00 (最終日は16:00まで)

img105DSC09638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
DSC09640DSC09643